お子様連れでも安心 富士市ひだまり歯科クリニックの口腔外科

  • 症状から探す

  • 歯が痛い

  • 歯茎がはれている

  • 歯を失ってしまった

  • 
歯を白くしたい

  • 親知らずが気になる

  • 歯の健康を守りたい

  • 治療から探す

  • インプラント

  • 
審美歯科

  • 矯正歯科

  • ホワイトニング

  • 虫歯治療

  • 予防歯科

  • 歯周病治療

  • ブリッジ・入れ歯

  • 口腔外科

スタッフブログのヘッダー画像
スタッフブログのフッター画像
サブコンテンツトップ画像

口腔外科とは

口腔外科のイメージ写真 『口腔外科』は、口の中、顎、顔面、それらに隣接する組織の治療を行なう診療科です。一般的な歯科に比べ、あまりなじみがないかもしれませんが主に、親知らず、顎関節症、口内炎などの治療を行ないます。



以下で、口腔外科分野で誰もが知っていると思われる『親知らず』についてご説明します。

親知らず

親知らずのイメージ写真 私たちの歯は、通常15歳頃までに上下28本の歯が生え揃います。しかしそれに遅れて20歳頃に歯が生えてくることがあります。これがいわゆる『親知らず』とよばれる歯です。
普通に生えてくればいいのですが、人によっては顎の骨の中に埋まったまま生えてこなかったり、曲がって生えてきたりするので、それが問題を引き起こすことがあります。

歯肉を挟み込んでいたり、炎症を起こしたり、腫れや痛みをともなうことも珍しくありません。歯磨きしにくい場所にあるため虫歯になったり、噛み合わせに影響を及ぼすこともあります。

「親知らずは抜歯した方がよい」と考える方が多いようですが、他の歯に影響を及ぼさず、きちんと生えており、噛み合わせに問題がないのであれば、抜かなくても構いません。まずはレントゲン写真撮影などの検査を行なって詳細を明らかにし、抜歯するか否かを含めて診断します。
大人になっても歯が生えてこない、歯が一部見えているが完全に生えてこない、周囲の歯肉が腫れた・周囲の歯肉が痛いなどの症状がある方は、当クリニックまでお越しください。

ボックス

サブコンテンツフッター画像